ピッチャーのメンタルコントロール術

少年野球ピッチャーのメンタル術

少年野球 バント処理

 

急にストライクが入らなくなった!試合になるとストライクが入らずおきにいってしまう・・・

 

そんな経験ありませんか?その原因は、精神的な部分が大半を占めていると思われがちですが、実は「試合なれ」していない部分が大半を占めていることがあります。

 

ベテランの投手が投げているとなぜか安心してみていられる…そんなシーンをよく目にしてきました。技術を覚える前にまず、ここをしっかり認識して練習してみましょう。

 

 

投球練習場に打者を立たせよう

なぜ投球練習をするのでしょう?それは、試合で打者を抑えるために日々練習する為ですね。

 

なので、投球練習のための練習を行っては意味がないことをしっかり意識して投球練習をおこなっていきます。

 

まずは、投球練習場に実際の打者に立ってもらうだけでだいぶ違いますよ。

 

立ってもらえるバッターがいない場合はイメージを膨らませて、実際の試合を想定して投球練習をおこなってみましょう。

 

私は、高校野球時代よく人形をおいて実戦をイメージしながら投球練習をしていました。

 

 

バッターを意識するとストライクが入らない法則

 

少年野球 メンタル

 

これは、プロの世界でも難しい問題ではあるのですが、バッターを意識しすぎると急に不利になることがあります。

 

それぐらい、ピッチャーは精神的に強くないと難しいポジション。たとえ自分が、意識していなくても試合の流れによっていろいろと状況が変わってくることがあります。

 

これは、相手の勢いなどの外部的要因が状況を作っている部分もあるので、致し方ないのですが、かといってその流れに負けていては、相手の思うつぼですよね。

 

では、どうすればいいのでしょう?最初に説明したようにベテラン投手のように場数を踏むとピンチに立たされたり調子が悪かったりしてもなんとか試合を作っていけます。

 

何はともあれ実戦あるのみ

 

まずは、試合形式で投げれるチャンスがあれば、どんどん積極的に挑戦してみましょう!自信がないから投げたくない・・・・

 

そんな気持ちが出てきたら、「失敗したくない」という思いの表れです。先ほど述べた通り、自分に負荷をかけないとうまくなりません。心も筋力トレーニングと同じです。進んで負荷をかけていきましょう!

 

「場数をこなす為」と気持ちを切り替えるだけで、だいぶ楽になると思います。

 

これは、「失敗を恐れない」「失敗してもいいんだ」という前向きな気持ちにしてくれます。自分は、うまくなりたいんだ・・・そう思ったらどんどん挑戦していきましょう!

 

監督・コーチの方も実戦に近い練習をどんどんやるといいですね。

 

目的が試合に勝つこと、選手がうまくなることなので紅白戦や一箇所バッティング(紅白戦のミニゲームのような形式)で行ったほうが選手の上達が早いです。

 

特にゲーム形式だと選手の意欲もそがれず、より向上心をもって練習に取り組めます。

 




トップページへ戻る



プロフィール【サイト運営者】

少年野球

著者:野村 康祐(のむら こうすけ)

1978年神奈川県生まれ
MAX145km/高校・大学通算HR40本/左投/左打/
神奈川大学硬式野球部を卒業後、日本ハムファイターズに入団テストを受け「打撃投手」(BP)として採用された経歴があります。現在、働きながら少年野球の指導者の勉強をしています。

詳しいプロフィールはこちら



スポンサーリンク