中学生の為の変化球の投げ方講座

変化球の考え方とスライダーの役目

中学野球の変化球

 

究極の変化球をマスターしよう!

 

相手バッターを打ち取るのがピッチャーの役目です。

 

剛速球で三振を取るのもいいですし、またゴロを打たせてダブルプレーを取るのもいいです。

 

でも、同じボールを投げ続けていたら、バッターの目も慣れてきて、簡単にバットに当てられてしまいます。

 

そんな時に1球、変化球を投げられれば、バッターのタイミングを外せ、簡単に打ち取ることができます。

 

そう、変化球を覚えることで、ピッチングの幅が格段に広がります。

 

そこで、ここでは究極の変化球の投げ方を解説します。

 

 

変化球を覚えて、ピッチングの幅を広げよう!

 

変化球を投げる意味

 

中学生になると、ルール上は変化球を投げられるようになりますが、ではなぜ変化球を投げる必要があるのでしょうか?

 

その大きな理由は、球数を減らせるということです。

 

もし直球だけで完投できる投手がいれば、それでもいいと思います。

 

ただ、打者というのは基本的に直球を待っているもの。

 

しかも、今はマシンなどの充実した設備もあって、しっかり練習ができます。

 

いくら速い直球を投げたとしても、直球だけでは打者の技術でバットに当てられてしまう確率が高いのです。

 

すると、打たれたりファールになることが増えるため、球種が増えます。

 

しかし、ここで変化球を1球でも交ぜるとことができれば、球速差が生まれ、次の直球が空振りを取れるボールに変わるのです。

 

そして、全体的に見ても球種を減らすことができます。

 

たとえば、中学生でいえば7回を投げることを考えた時に、バッターをどう抑えていくかというプランを立てやすくするボールが変化球なのです。

 

もちろん、変化球を投げることで打者を打ち取れるという効果もあります。

 

たとえば、三振を取りたい時などは、直球との緩急を使って、打者のタイミングを外すことが有効です。

 

また、ゴロを打たせたい、併殺打を狙いたいという時にも変化球は有効。

 

球が少しでも変化すれば、バットの芯を外すことができます。

 

バットの先に当てさせれば砂丘はゴロになりやすいし、バットの根っこに当てさせれば、詰まって鈍い打球になります。

 

そうやって打者を打ち取りやすくする意味でも、変化球は投手に絶対に必要な球なのです。

 

変化球の効果的な使い方

 

変化球をより効果的に使うために、ここで具体的な例を挙げてみましょう。

 

まず、カウントを稼ぐ場合です。

 

直球を狙っている打者は、追い込まれるまでは変化球を見逃すことが多いものです。

 

打者が初球から変化球を打ってこない感じた時は、いきなりど真ん中に変化球を投げてみましょう。

 

簡単にストライクを取ることができ、投手に有利なカウントを作ることができるのです。

 

次に変化球を決め球として使う場合です。

 

たとえば、2ストライクまで追い込んだ後でストライクゾーンから外れる変化球を投げれば、三振を取れる確率は高くなります。

 

これは打者が追い込まれているため、コースが厳しくても振ってくるからです。

 

ボール球でも一瞬、ストライクのように見せることができれば、打者は振ってくれます。

 

また、ストライクよりもボール球の方が、もしバット当てられたとしてもヒットになる確率、長打になる確率のスポーツなので、より危険性の低いボールを選んでいくことが大切です。

 

ですから、2ストライクまで追い込んで、またボール球を投げられる余裕がある場合は、できるだけボールになるように、意識して投げるのがいいでしょう。

 

 

キレのある変化球を投げるポイント!

 

中学野球の変化球の投げ方

 

ストレートと同じフォームで投げる

 

変化球を投げる時に一番気を付けなければならないのは、ストレートを投げる時と投球フォームが変わらないようにすることです。

 

もし球種によって投球フォームが変わってしまったら、相手打者に球種がわかってしまいます。

 

そうすると、いくら鋭い変化をしてたとしても、あっさり見逃されたり、その球を待たれてヒットにされることもあります。

 

だから、練習で捕手や他の野手などに見てもらって、できるだけストレートと同じフォームで投げられるように練習しましょう。

 

しっかり腕を振る

 

指導者はよく「腕を振れ」といいいますが、ただ腕を振ろうとするのではなく、体全体を使いましょう。

 

そして、あくまでストレートと同じ腕の振りだからこそ、打者はストレートを打つタイミングで打ちに行きます。

 

でも、ボールがポイントにくるのが思ったよりも遅い、あるいは手元でちょっと変化するから、バッターは打ち損じたりします。

 

それが、一番いい球だと思います。

 

まずは、ストレートと同じようにしっかり腕を振ることを意識しましょう。

 

体重を軸足に残すイメージで投げる

 

変化球を投げる時、体が前に突っ込んでしまう人は多いと思います。

 

しかし、体が突っ込むと変化球は全部すっぽ抜けてしまい、絶対に曲がりません。

 

そういう時は、意識して体重を軸足の方に少し残した状態で、そこから体重移動して投げてみましょう。

 

そうすれば体が遅れてでてくるので変化球も投げる途中で抜けることなく、しっかり曲がっていきます。

 

どの変化球でも、球が抜けだしたら、このイメージを持つようにするといいでしょう。

 

また、ストレートがなかなか走らない時に、このイメージで変化球を投げて修正できることがあります。

 

体に力が入ると、人間はどうしても前に突っ込みやすくなりますが、これがストレートが走らなくなる原因になることも多くあります。

 

変化球はある程度、後ろに体重を残さないと投げられません。

 

変化球を投げることでその感覚を取り出せば、ストレートでの体の突っ込みを抑えることもできます。

 

肩の開きを抑える

 

4つ目のポイントは、体を開かないで投げることです。

 

体が開くというのは、前の肩(右投手なら左肩)が早く開いて、相手の胸のマークを見せてしまうことです。

 

こうなると、腕がしっかり回ってこないので、ボールが抜けて曲がらなくなってしまいます。

 

また、肘が上がらない状態になるので、打者からもボールの出所がみやすくなってしまいます。

 

体の開きを抑えるには、前の肩から打者の方に向かって踏み出していくイメージで投げてもいいかもしれません。体を開かずに投げられるフォームを見つけ。その感覚を身に付けていきましょう。

 

 

スライダーの投げ方

スライダーの投げ方

 

スライダーってどんなボール?

 

スライダーは斜めに落ちたり、縦に変化するものがありますが、横に滑らせるのが利便性があります。

 

できるだけストレートと同じような起動で、より打者の手前で曲がる球が理想だからです。

 

そうすれば、打者にストレートだと思わせることができるので、ストレートを待っている打者に対し、バットの芯を外して打ち取ることができます。

 

たとえば、右打者が引っ張りにきていたら、三ゴロ、遊ゴロになって併殺打なども取ることができます。

 

また、右打者が外角の直球だと思って振りにきたら、少し曲がることで空振りも取れるのです。

 

横のスライダーは、より打者の手元で変化させてバットの芯を外すという、カットボールの役目もできるのが特徴的です。

 

なので、変化の大きさは気にする必要はなく、スライダーは必ずしも、変化の大きさを考える必要がないことになります。

 

これは、変化が大きいボールはより打者の近くで変化させようとしても、曲がりが早く変化が始まってしまうので、見逃されるデメリットがあります。

 

なので、変化の大きさも状況によってうまく使いわけられたら理想的だと思います。

 

スライダーの握りとリリースのポイント

 

スライダーの握りは、ストレートと同じ感覚で握ります。

 

指を縫い目にかけつつ、ボールの中心から少し右寄りにずらします。

 

そして、手首の角度も少し右にねじったような状態にずらしてみましょう。

 

これが、ストレートに見分けがつきにくいスライダーの投げ方です。

 

投げる時の注意点は、決してひねることはせず、リリースする直前まではストレートと同じです。

 

そして、リリースの瞬間は指で、ボールを切るような感覚で押し出します。

 

最後に、人さし指でグッと押し込む感覚があるといいです。

 

また投手は、変化が大きいほど安心しがちですが、そうすると肘が下がり、腕の振りも遅くなってしまいます。

 

曲がるのであれば横のスライダーの変化は少しでいいと思います。

 

それよりも、直球と同じような感覚で投げられるボールを目指しましょう。

 

投球の幅が広がり、きっと困ったときに手助けになる変化球になるはずです。

 

投げる時は、捕手の右ひざ、つまり右打者の外角低めを目がけます。

 

このボールは、低めに投げるのが基本。

 

これはカウントを撮りたい球であり、ゴロを打たせたい球でもあるからです。

 

スライダーは甘く入ると打球が遠くに飛ぶし、高めは目から近い位置なのでバットに一番当てやすくなります。

 

つまり高めのスライダーは一番危険な球なのです。たまに左打者の内角高めに投げることもありますが、それは高レベルになったときに試せばいいことだと思います。


スライダーの効果的な3つのポイント

スライダーの使い方

 

カウントを取る

 

打者が明らかにストレートを待っているというケースがあれば、カウントを取るのに効果的です。

 

たとえば、カウント0−2や1−2では、投手はボール球を投げたくありません。

 

そして、ストレートならだれでもストライクを取れるということは打者の頭に入っています。

 

だから、ほとんどの打者はストレート待ちが多いのです。

 

そういう時にスライダーを投げれば、少しでも曲がった時点で打者は打ってきません。

 

そこで簡単にストライクが取れるわけです。

 

これがなぜスライダーなのかとおいと、スライダーはリリースの間隔がストレートに最も近く、変化球のなかでもコントロールしやすい球だからです。

 

縦の変化はコントロールしにくいものですが、スライダーは横に少ししかずれない為、練習すればコースを突いていくことも可能です。

 

内角ストレートの残像を作っておく

 

右打者に対して外角のスライダーを決め球にしちあ時に、追い込んでから踏み込まれるのは嫌なものです。

 

これは、外角スライダーが甘く入ったときにとらえられる可能性が出てくるからです。

 

ましてや、外角スライダーを2球使って追い込んだ場面であれば、そのボールの起動のイメージが頭に残っているので、バットに当てられる可能性が高くなります。

 

そんな時には、内角ストレートを1球見せておくことが有効になります。

 

打者としては内角の残像があるため、次の球で少し踏み込みづらくなります。

 

それによって、スライダーが少し甘く入っても長打になりにくくすることができるのです。

 

これは、スライダーをより効果的に使うための伏線となります。

 

ただし、上のレベルになると、そういう基本を踏まえたうえで、裏をかいて3球連続スライダーを選択するといこともあります。

 

そのあたりは打者との駆け引きになってきます。

 

外角のスライダーをうまく使う

 

左打者に対しては、内角に食い込むスライダーと同時に、外角から入ってくるスライダーもよく使うと有効です。

 

これは、ボールゾーンからの変化なので、打者がボールだと判断した時点で見逃してくれることがあるのです。

 

これで初級にカウントを稼いぐと有利です。

 

また、外角直球でストライクを取っているのであれば、追い込んでから外れたと一瞬思わせてスライダーを外からストライクゾーンに入れるという使い方もできます。

 

右打者の場合も、基本は外角のスライダーですが、内角にもスライダーを入れることがあります。

 

それは、内角に食い込んでいく球(シュート系)を投げておいて、またシュートかと思わせたところで投げたりすると有効です。

 

打者の予想と逆の変化をさせるのが打者を打ち取るポイントです。


 




トップページへ戻る



プロフィール【サイト運営者】

少年野球

著者:野村 康祐(のむら こうすけ)

1978年神奈川県生まれ
MAX145km/高校・大学通算HR40本/左投/左打/
神奈川大学硬式野球部を卒業後、日本ハムファイターズに入団テストを受け「打撃投手」(BP)として採用された経歴があります。現在、働きながら少年野球の指導者の勉強をしています。

詳しいプロフィールはこちら



スポンサーリンク