捕手講座【構え・送球・捕球】

キャッチャーの構え方・素早い送球方法・後ろに逃さない捕球方法

 

捕手の構え方

 

 

捕手の役割は野手の中で最も多いです。

 

リードから始まり、捕球、送球、盗塁阻止、ブロック。

 

捕手が投手をリードしなければ試合は始まらず、保守が本塁を死守しなければ相手チームに点を奪われてしまいます。

 

責任」の重いポジションであり、「経験」が必要になってきます。

 

しかし、考え方によってはこれほど面白いポジションはないと思っています。

 

他の野手は打球が飛んでこなければプレーにかかわる機会がありません。

 

しかし、捕手は1球ずつすべてのプレーに関わっていることになります。

 

自分の考え、自分の技術で試合の行方を左右することができまます。

 

試合に参加している中で、これだけやりがいのあるポジションはないでしょう。

 

捕手が覚えなければならないことはたくさんあります。

 

中でも「配球」や「状況判断」などは実際にプレーを通じて覚えることが重要です。

 

ここでは捕手の技術に注目し、「構え方」、「捕球」、「送球」という部分に絞って、すぐにでも上達につながる方法を解説していきます。

 

キャッチャーの構え方

 

状況に応じた構え方の変化が必要

 

捕手の構え方というと大きく分けて2種類あります。

 

1つは重心を落として低く構える方法で、もう一つは中腰で構える方法です。

 

重心を低くする構え方

 

昔から「捕手は足の裏側が地面に付くぐらい低く構えなさい」と言われます。

 

低く構えると構え自体も小さくなり、投手に対し「ここへ投げて」としっかりとした意識を伝えることができます。

 

コントロールを重視する投手などはこの方法を好みます。

 

中腰での構え

 

メジャーリーガーの捕手を見ればわかりますが、膝を完全におらず、中腰の状態で構えていいる捕手が多いです。

 

この方法だと横の投球に対してフットワーク良く対応できることができます。

 

しかし、構えが大きくなってしまうので、細かいコントロールを要求する場合には意図が伝わりづらくなることがあります。

 

 

 

捕手は、状況判断を適切に行い、最もベストな方法を選択しなければいけません。

 

ボールカウントやランナー有無の状況に合わせて、1と2の構え方をうまく使い分けることが大切です。

 

例えば、変化球を要求する場合、キレの良いボールを持っている投手ならば中腰で構えます。

 

落ちるボールを低めに要求するならばしっかりと低く構えたいです。

 

また、ランナーに足が速い選手がいて、盗塁を仕掛けてくる可能性がある場合や、スクイズなどの心配がある場合などは、中腰に構えてフットワークを重視することが大事です。

 

「構え」ということで単純に分けてしまうことは非常に危険です。

 

どちらの構え方にも対応できるようにして、状況に応じて使い分けることが大事になってきます。

 

 

手の位置は自然な位置で

 

構え方でよく言われることに、右手の場所があります。

 

軟式、硬式に問わず、ファールチップによって右手をケガすることがよくあるため、「右手は身体の後ろに隠しておくこと」と言われます。

 

これも状況判断によって変えるべきと考えます。

 

走者がいない場合

 

この場合は身体の後ろ、もしくは右足の後ろに隠しておくことがベストです。

 

走者がいる場合

 

走者が盗塁を試みる場合もあります。

 

この時にはできるだけ速く捕球したボールを握りたいのでミットの近くに右手を置きます。

 

しかし、ファールチップでのケガは怖いので、軽くこぶしを握った状態で、手首を手前に(自分の方向)にちょっと返しておくと良いです。

 

よく「しっかりと拳を握っておけばケガをしない」といいます。

 

確かにその通りですが、しっかり握るということは意識が右手にいってしまい、捕球がおろそかになってしまいます。

 

まずは、捕球することが大事ですので、右手は軽く握るぐらいにしておきましょう。

 

 

どのような構え方をしても手の位置には注意を払わなければいけません。打球に気を付けて、自然な状態で拳を作っておくことだ何よりも大事です。

 

 

捕球

 

下半身のフットワークを活かそう

 

捕球に関しては可能な限り身体の正面で捕球したいです。

 

そうすることで審判に対する印象も良く、ストライクを取りやすいというメリットがあります。

 

しかし、全部が全部、正面で捕球できるわけではありません。

 

コントロールを失い、思いがけない投球がくることも多々あります。

 

捕球は足の内側を意識してヒザを使ったフットワークを大切にしましょう。

 

身体のラインから大きく外れたボールが来た場合、ボールと反対側の脚の内側に力を入れる。

 

するとその足のヒザをボールに対して持っていくことができ、身体をボールの近くまでもっていくことができるのです。

 

ミットは身体の近くに

 

例えば、走者が盗塁を試みたとします。

 

「早く送球しなければ」と思うとどうしても気持ちが焦ってしまい、ミットを前に出して捕球することになります。

 

「前で捕球すれば早く捕球できるし、セカンドにも近い!」と考えがちですが、実はその方が遅くなってしまいます。

 

捕球後、もっとも時間を短縮しなくてはならないのがボールの握り替えと送球動作です。

 

前で捕球するとそのミットを右手までもってくるのに時間を要してしまいます。

 

できるだけ身体の近くで捕球しましょう。

 

送球を早く行いたいときには、捕球したミットをすぐに右手へ向けることを考えましょう。

 

送球

 

どんな状態でも早い送球ができるようにする

 

キャッチャー送球

 

捕球のところで触れましたが、送球を早く行うためには捕球しtあミットをできるだけ早く右手に近付けることが重要です。

 

コツは捕球と同時に上腕を身体へ近付けながら、手首を身体の方へ返す感じにします。

 

こうするとミットから早くボールを握ることができます。

 

練習方法

 

まずはできるだけ早くボールを握り、どのような状態でも良いから投げることです。

 

正確な送球へアジャストするのは早く投げられるようになってからでも良いです。

 

まずは握りがおかしくても、縫い目に指がかからなくても、できるだけ早い時間で投げることを心がけたいです。

 

まとめ

 

ここまでのお話は、捕手の基本です。

 

これ以外にも覚えなくてはいけないことがたくさんあります。

 

試合中は精神的にも重圧が重く、とても大変なポジションです。

 

しかし、すべてのプレーに関わっているということは、それだけプラスに作用することも多いです。

 

例えば、配給を自分で考えるようになれば、自分が打席に立った時に相手の配球まで読むことができるようになります。

 

昔は捕手といえば「野球が下手な選手」という認識もありました。

 

しかし、今では全く逆です。

 

捕手は最も野球が上手く、最も野球を知っている選手」が守るポジションです。

 

大変なことは多いですが、そこを任された誇りをもって、少しでも上達してほしいです。

 




トップページへ戻る



プロフィール【サイト運営者】

少年野球

著者:野村 康祐(のむら こうすけ)

1978年神奈川県生まれ
MAX145km/高校・大学通算HR40本/左投/左打/
神奈川大学硬式野球部を卒業後、日本ハムファイターズに入団テストを受け「打撃投手」(BP)として採用された経歴があります。現在、働きながら少年野球の指導者の勉強をしています。

詳しいプロフィールはこちら



スポンサーリンク